こんにちは、篠宮佑依です。

Googleから、【一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ】というメールが届きました。

 

Googleからのメールは意味が分からないことが多いのですが(汗)

これは何だろう?と調べてみたところ、2018 年 5 月 25 日に施行される新しいデータ保護法「一般データ保護規則」というものがあって、それに基づいてGoogleが一部仕様変更を行うようです。

 

 

2018年5月25日から影響がある?

Googleが変更する項目の一つに「データ保持期間」があります。

これは、アナリティクスで表示されるアクセスデータの期間を設定できる項目です。この期間はデフォルトで26ヶ月間に設定されています。

 

そのため、何も設定しない場合は「26ヶ月間しかデータが残らない」ということになります。

 

アナリティクスは自分のブログに「いつ、どこから、どのように」ユーザーが来ているかを統計的に見ることができるサービスなので、過去データが見られれなくなるのは困りますね。

そこで、データ保持期間を変更する方法をお知らせします。

 

 

データ保持期間変更手順

1.Googleアナリティクスにログインする。

 

2.右上の点が3つ並んでいるところをクリックして[ユーザー設定]を選ぶ。

 

3.[管理]をクリックする。

 

4.[トラッキング情報]をクリックする。

 

5.[データ保持]をクリックする。

 

6.[自動的に期限切れにならない]をクリックして、[保存]をクリックする。

設定は以上です。簡単ですね。

 

まとめ

必ずしもやる必要はないのですが、知らずにそのままにしていて2年後に「データがなくなっている!?」となると悲しいので、できればやっておきましょう。

 

また、複数のブログを持っている場合は、ブログごとに設定が必要です。忘れずにやってくださいね。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

アフィリエイトや、この記事についてご質問がありましたら
遠慮なく篠宮までお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ。