こんにちは、篠宮佑依です。

メルマガを発行してみたものの、いまいち反応がない・・・とお悩みの方も多いと思います。

そこで今回はメルマガの反応を上げるためのポイントを6つお伝えします。

 

あなたのメルマガがこのポイントに合っているか確認してくださいね。

 

 

メルマガの反応を上げる6つのポイントとは

 

1.読者が開きたくなるようなタイトル

2.メルマガのレイアウト

3.1通1テーマ

4.配信時間

5.小さなアクションを求める

6.あなたの人柄を伝える

 

では、ひとつずつ確認していきましょう。

 

読者が開きたくなるようなタイトル

メルマガが届いて、最初に目にするのはタイトルです。

当然ですが怪しげなタイトルは無視するか迷惑フォルダ行きですね(汗)

 

ここで開いてもらわなければメルマガを送る意味がありません。

 

実は、読者に開いてもらいやすいタイトルには3つの型があるんです。

 

数値型

タイトルに数字を入れる方法です。

「人気No.1」、「わずか3カ月で10キロのダイエットに成功」、「1通のメルマガで100万円稼いだ方法」など、私たちは数字が入っていると興味が湧きますね。

 

驚き型・問いかけ型

タイトルに感嘆符を入れる方法です。

「本当に痩せた!○○ダイエット法とは」、「○○さん、美味しいお店をご存知ですか?」など、知りたくなる情報を強調されると読みたくなります。

読者の名前をタイトルに入れるのも効果的な方法です。

 

リズム・フレーズ型

昔テレビのCMでよく耳にしていた「亭主元気で留守がいい」や、テレビ番組で使われていた「明日やろうはバカヤロウ」など、リズム感のいい言葉も効果的です。

女子高生が使う言葉などを調べて引用するのもいいかもしれませんね。

「ありよりのあり、なしよりのあり」

意味が分からない・・・50代ですね~(汗)

 

 

メルマガのレイアウト

次に大切なことはメルマガのレイアウトです。

 

メルマガは内容が読者の役に立つものでなければいけない、これは当然のことなのですが、ただそれだけではダメなんですね。

レイアウトも大事な要素になってきます。

 

文章の横幅(文字数)

文章の1行の文字数は多くても32文字にします。

 

12345678901234567890123456789012

これが全角で32文字ですが、どうでしょう。ちょっと長いと思いませんか?

私のメルマガはもっと短くて、25文字くらいで改行しています。

 

メルマガの長さ

文章の長さに関しては、200行くらいまでがストレスを感じず読むことができると言われています。

全体の文字数だと5,000文字までがいいですね。

あまり長い文章は読むことで疲れてしまうかもしれませんね。

 

行間

文章の行間も大事です。

小説のようにすべて詰まっていては読みにくいです。

段落の数は5行までにして、段落の間は行を空けて書くうようにしましょう。

 

 

1通1テーマ

メルマガに書く内容は、必ず1通につき1テーマにします。

 

「今日は3ヶ月で痩せた方法の1ヶ月めにやったことをお話します」

「おすすめの本があったので紹介します」

 

といったふうに、メルマガの最初に何についてのお話なのかを書いておくといいですね。

 

 

配信時間

4つ目のポイントはメルマガを配信する時間帯です。

ターゲットによっても異なりますので、あなたのメルマガ読者がどの時間帯なら読んでくれるのかをリサーチする必要があります。

 

一度送ってみて、反応を見るのもひとつの方法です。

 

30代で仕事をバリバリこなしているサラリーマンであれば、朝の通勤時間帯が読んでくれるかもしれません。

主婦であれば、朝は家事で忙しいので昼間の時間がいいかもしれません。

OLさんであれば、仕事帰りのほうがスマホで読まれるかもしれません。

また、多くの方は夜のゆっくりした時間帯で読みたいと思うかもしれません。

 

いろいろ試してみて、一番いい時間帯を選びましょう。

 

そして、いったん決めた時間は、できれば変えずに配信していくほうがいいです。読者も「○○時にあなたのメルマガが届く」と覚えてくれますからね。

 

 

小さなアクションを求める

メルマガは読み物ではありますが、一方通行にならないように読者が参加できるようにしていくと反応が高くなります。

簡単なアンケートやクリックをしてもらうことで、読者と一緒に作っていくイメージを持ってもらえると効果的です。

 

「今日のダイエットメニューの写真はこちらです」

「3日で何キロ痩せることができると思いますか? a.3キロ b.5キロ c.10キロ」

「ご意見ご質問はこちらからどうぞ」

 

あなたの人柄を伝える

最後のポイントは「あなた自身」です。

メルマガの読者があなたの記事を求めるのと同じくらい、読者はあなたの人柄に興味を抱いています。

まずメルマガの1通目でしっかりと自己紹介をしましょう。

苦労話などを具体的にすることで、よりあなたに親近感を持ってもらえて、あなたのファンが増えていきますよ。

 

気取らず飾らず、ありのままの自分の姿で、自分の書き方でメルマガを発行していってください。

 

まとめ

メルマガの反応を上げるための6つのポイントはいかがでしたか?

もし今、あなたのメルマガがあまり読んでもらえていないと感じられたら、このポイントを見直してみてください。

 

メルマガは「ラブレター」と同じです。

1人の読者に向けて書くようにすると、必ず反応が上がりますよ。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

アフィリエイトや、この記事についてご質問がありましたら
遠慮なく篠宮までお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ。