こんにちは。篠宮佑依です。

今回は、【情報商材】と【情報教材】についてお話します。

 

実はこの2つ、似て非なるものなんですよ。

でもどのブログを見ても「これは情報商材です」とか「情報教材の〇〇〇です」とは書いてないので、特に初心者の方は気にせずに購入されますよね。

 

これが危険なんです・・・

なぜ危険なのか説明しますね。

 

 

情報商材と情報教材の意味

その前にまず意味を調べてみました。

 

【情報商材】をWikipediaで調べると、

情報商材(じょうほうしょうざい)とは、主にインターネットなどを介して売買される情報のこと。
「情報」の内容自体が商品となるものである。

というふうに出てきます。

 

【情報教材】のほうはWikipediaでは該当がありませんでした。
【教材】を調べると、

学習材(がくしゅうざい)とは、学ぶにあたって考察などに使用するもののことである。
教育の場においては、教えるにあたって解説などに使用する教材(きょうざい)が学習材としても機能する。

と、【学習材】として出てきました。

 

どうやら世間一般的にインターネットを通じて購入する情報は【情報商材】として扱われているようですね。

 

うーん、、、実際はまったく違うものなのに。

 

 

情報商材と情報教材の違い

まず、情報商材は売るためのものです。

売るためだけのものなんです。

 

もちろん【情報商材】ですから、ちゃんとした情報は教えてもらえます。
一昔前にあった詐欺まがいの情報は今はほとんどありません。

 

でも、その情報が購入者にとって役に立つかどうかは分からないんです。

 

例えば、極端な例ですが
『1日で確実に30万円を手に入れる方法』
と謳って購入を促したが、その内容は『カードローンで借りる』だった。

 

このようなことが起こり得るのが【情報商材】です。

 

今ここまでではないにしろ、一昔前はこういったことがたくさんあったそうですね。

 

これでは真っ当なビジネスをやろうと思っている人にとっては迷惑でしかないし、
もっとちゃんとした情報を教えてほしい、という声が出てきて【教材】を販売する人が出てきました。

 

これが【情報教材】です。

 

【情報教材】は、実際にやって成功したノウハウやハウツーをまとめたもので、

購入者がその教材に基づいて実践することができる内容になっています。

 

【学習材】の項目にあるように学ぶにあたって使用するもの【情報教材】になります。

 

 

まとめ

情報商材は、情報を売る(買う)ためのものです。
買った後のサポートはありません。

 

情報教材は、ノウハウやハウツーを教えてくれるものです。
買った後も購入者ページでサポートがあるものや、販売者が直接サポートをしてくれるものもあります。

 

言葉として2つあるのですが、Wikipediaでも【情報教材】がなかったことを見ると、ネットビジネスの世界では【情報商材】という言葉で一括りにされているのかなと感じます。

 

ですので、購入する私たちがしっかりと情報の内容や販売者の状況を見極めて、詐欺まがいのものに騙されないようにする必要があります。

 

いろいろな情報が飛び交い、検索できてしまう時代です。
より一層の見極めが大切になってきますね。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

アフィリエイトや、この記事についてご質問がありましたら
遠慮なく篠宮までお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ。