こんにちは、篠宮佑依です。

All in One SEO Packのインストールと最低限必要な設定を説明します。

 

 

All in One SEO Packプラグインの目的

All in One SEO Packは、ユーザがサイトへ集まり易くする工夫を1つにまとめて提供するプラグインです。

SEOは、Search Engine Optimizationの略です。

All in One SEO Packには多くの設定パラメタが有りますが、数点の設定だけで検索エンジンがサイトを見つけやすくなり、高いSEO効果が期待できます。

 

All in One SEO Packプラグインのインストール

WordPressメニューのプラグインをクリックし、次に新規追加をクリックします。

 

プラグインの検索窓にall in one seo packと入力してください。

 

All in One SEO Packが検索結果に現れます。[今すぐインストール]をクリックします。

 

インストール中…から、[有効化]に変わりますので、[有効化]をクリックします。

 

しばらくすると[All in One SEO Pack…へようこそ]画面に変わります。

[一般設定を続ける]をクリックします。

 

All in One SEO Packプラグインの設定

All in One SEO Packプラグインは、[Canonical URL]のように初めからチェックが付いたものなど、多くのパラメタがデフォルトで設定済みです。

これらを、必要に応じて設定、変更していけば完了します。

重要なのは変更後、ページ一番下または上の[設定を更新]をクリックすることを忘れないようにしてください。

これを忘れると設定が反映されません。

間違った設定をしても、[すべての設定をデフォルトにリセット]をクリックすると初めの状態に戻りますので安心です。

 

パラメタの設定を、ページの上から順に分野別に解説します。

一般設定は、デフォルトのままでOKです。

 

ホームページ設定のホームタイトル欄には、サイトのタイトルを、ホームディスクリプションには、サイトの要約を入力します。

この2つが検索エンジンの検索結果に直接表示され、ユーザも目にします。

従って、ユーザが興味を持つ内容にすることが大切で、特に重要なパラメタです。

 

タイトル設定は、[有効]から[無効]に変更します。

 

カスタム投稿タイプ設定と表示設定は、デフォルトのままでOKです。

ウエブマスター認証とGoogle設定は、こちらのGoogleアナリティック説明ページで取得したパラメタを入力します。

パラメタ取得方法は、Googleアナリティックで示しますので、ここではデフォルト空欄でOKです。

Noindex設定、詳細設定、キーワード設定も、デフォルトのままでOKです。

 

これらの変更後、一番下にある[設定を更新]をクリックしてください。

 

以上でAll in One SEO Packのパラメタ設定は完了です。

 

まとめ

All in One SEO Packプラグインで最低限必要な設定を説明しました。ほぼデフォルトのままでもSEO効果はあります。

もっと詳しく設定方法を知りたい場合は[お問い合わせフォーム]からご連絡ください。

 

また、All in One SEO Packは、バージョンによりパラメタの設定が変わることがあります。

旧バージョンの設定パラメタは、新バージョンに更新しても引き継がれるので安心してくださいね。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

アフィリエイトや、この記事についてご質問がありましたら
遠慮なく篠宮までお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ。