こんにちは、篠宮佑依です。

今回はSearch Console(サーチコンソール)を使ってWebサイトをインデックスする方法について解説します。

2018年からFetch as Googleの入り方が変更になりましたので、迷ってしまう方が多くいらっしゃるのではないかと思います。
動画と図解で説明しているので、ぜひご参考ください。

 

 

Webサイトをインデックスする目的

ユーザーがサイトにくるためにはどんな方法で訪れますか?

ほとんどの方は【 検索 】という方法で自分が知りたい情報を探してサイトに訪れるでしょう。

 

検索サイト(エンジン)で有名なのは、Yahoo と Google です。

ユーザーが Yahoo や Google で知りたい情報のキーワードを入力して検索します。

その結果、表示されたサイトを訪問するという方がほとんどなんです。

 

Yahoo や Google では、キーワード検索をした結果をすぐに表示させることができるように、Webサイトを目次のように登録しておきます。

その作業を【 インデックス 】というふうに読んでいます。

 

Webサイトを作っただけではユーザーはあなたのサイトを見つけることができません。

この【 インデックス 】という作業をして、ユーザーに探してもらいやすいように登録しておきましょう。

 

Search Console(サーチコンソール)でインデックスする方法

こちらの動画で解説しています。下の画像と合わせてご覧ください。

↓ ↓ ↓

 

1.Search Console(サーチコンソール)のページにログインする

 

2.左のメニューから[クロール]を選ぶ

3.[ Fetch as Google ]を選ぶ

4.インデックスさせるWebページを入力して[取得]をクリック

Webページは https://~ すべて入力するのではなく、ドメイン(~.com等)から後を入れます。

 

5.インデックス登録をリクエスト]をクリック

 

6.「私はロボットではありません」にチェック、「このURLのみをクロールする」を選んで[送信]をクリック

 

7.[インデックス登録をリクエスト済み]が出れば完了

 

 

まとめ

Search Console(サーチコンソール)を使ったWebサイトをインデックスする方法について解説しました。

サイトに記事を追加したあとは必ずこの作業を行って、インデックス登録をできるだけ早くしてもらえるようにしましょう。

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

アフィリエイトや、この記事についてご質問がありましたら
遠慮なく篠宮までお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ。