こんにちは、篠宮佑依です。

今回はGoogle XML Sitemapsプラグインについて説明します。

 

 

Google XML Sitemapsの目的

Google XML Sitemapsプラグインは、サイトマップを自動的に作成してくれるプラグインです。記事追加や更新毎に新しいサイトマップを作り、検索エンジンがサイトを巡回して見つけるときに役立ちます。

検索エンジンはブログの文書や画像を周期的に巡回し、内容をデータベース化しています。サイトマップがあると、検索エンジンが巡回してきたときにブログの内容が効率的に見つけやすくなります。

その結果、キーワードの関連性が高いサイトになり、のSEO効果が期待できます。

 

Google XML Sitemapsプラグインのインストール方法

WordPressメニューのプラグインをクリックし、次に[新規追加]をクリックします。

 

プラグインの検索窓にGoogle XML Sitemapsと入力してください。

 

Google XML Sitemapsが検索結果に現れます。[今すぐインストール]をクリックします。

 

インストール中…から、[有効化]に変わりますので、[有効化]をクリックします。

 

しばらくするとプラグインを有効化しましたと表示され、プラグイン画面に戻ります。

 

以上でGoogle XML Sitemapsのイントールは完了です。

 

Google XML Sitemapsのパラメタ設定は不要です。自動生成したサイトマップは、Google Search Consoleへサイトを登録した後に機能します。

Google Search Consoleの説明は、コチラの記事をご覧ください。

 

まとめ

Google XML Sitemapsのインストールは必ず行って、Google検索エンジンに早く認識してもらうようにしましょう。

Google Search Consoleに登録するときにこのプラグインが機能します。こちらも忘れずに必ず登録してください。

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

アフィリエイトや、この記事についてご質問がありましたら
遠慮なく篠宮までお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ。